2015年09月17日

すべては出逢いから

前回のブログで久々にkeiZiroさんと
会ったのよ〜っていう話を
書いたんだけど

VTR観て、酔ってる?って人も
いたんだけどね
私たち、ふたりとも
お酒飲んでないの〜

で、
ディープな話をした夜だったの。
かなり真面目なね

私の記憶だとkeiZiroさん
めっちゃ喋ってたなぁ

完全に女子だわっ
って思った。

面白い人だけど、私は
その奥にあったかい優しさを
いつも感じるの

それはどんな経験も目を背けず
しっかり受けとめてきた人だからだろうなって
勝手に私は感じてました


それでね!

ひとしきりトークした後

ちょっとぉ〜あなた
写真撮るわよぉ〜

早く髪なおしなさい、
ほら鏡見て!
とkeiZiroさん。

どうもパラパラ落ちてくる
前髪が気にいらないらしい。

きゃー、私
すごいテカってるんだけど!!

って言ったら

そりゃ、あなたの歳になれば
テカってもきちゃうわよ!!
とkeiZiroさん。

紙ナフキンでテカリを応急処置。

そして撮ってみた

keiZiroさんと浅田真季



なんとも...
かわゆいkeiZiroさん


そして私たちは2軒目へ。
新宿2丁目の
ALAMAS CAFEというお店。

そこでも、専らソフトドリンク

で、出逢った。

この方

Suuちゃん

Suu

私はこのSuuちゃんに衝撃的な
言葉をもらう。

『女っぽさはあるのよ。

でも強いて言えば
うーん...その前髪
だめよねぇー。

そこで切るんだったら、
思い切ってもっと
短くした方がいいわよ、

それか前髪伸ばして
斜め分けね。

それの方が女っぽさが
もっと出るわよ。』



『あとね、口紅よねぇ〜』

そこで私は
口紅が苦手でと言ったら

『あら〜やだ〜
どっかでとれちゃったのかしらって
思ったわよぉ〜』

とSuuちゃん。

Suuちゃんとしては
やっぱり口紅も大事らしい。

うちの母と同じ事を言う。

そして前髪について
もうひとりSuuちゃんと
同じ事をいう人がいる。

夏目プロデューサーだ。

なんで、切ったんや?
と先日言われたけど

まぁーすぐ伸びるしぃ〜って
笑っておきました。

話は反れたけど、
なんだか私はこんなふうに
初めて逢ったSuuちゃんに
アドバイスもらえたことが
とても嬉しかったの。

褒めるところはちゃんと
褒めてくれて!

ありがとうSuuちゃん

こうして、思いがけない出逢いも
keiZiroさんのおかげ。

知らない世界を教わった

新宿2丁目へ突入するなり

「あなた今、世界で一番
安全な場所にいるわよ』

というkeiZiroさんが
とてもキラキラしていたことを
私は見逃さなかった。

そうだ!keiZiroさんがブログに
私のことを書いてくれてました。

keiZiroさんのブログ



じゃあ、またねって
バイバイした後、しばらくして

『家ばっかりにいちゃだめよ〜』って
手を振ってくれていたkeiZiroさんが

なんだか、家族のように思えた。

ほんまに、ありがとう


venusvoice at 23:34│Comments(5)

この記事へのコメント

1. Posted by 鬼神7010   2015年09月18日 00:19
Keiziroさんは昌己さんとも仲良くされてますよね、数年前のバースデーライブ等にも現れましたし。2丁目の人達は人間の裏側から深層心理を読む力がある方が多いように感じがしますね。2丁目はこの10年以上ご無沙汰ですが以前は今は故人ですが日景あつおさんのお店とか行ったものです。凄く頭がいい人でしたね。
2. Posted by FTO   2015年09月18日 02:19
5 ディープな世界体験談ありがとうございます(笑)
私は、行ったことがないので、斬新な気持ちです。
新たな友達が増えましたね(^_-)-☆
3. Posted by MA-100140   2015年09月18日 05:51
5
前髪ですか。でもおでこが出ててもかわいいからいいんですよ。お姫様みたいでね。と昭和の好みなのかな。
4. Posted by 夕やけ日焼け   2015年09月18日 20:14
5 直球を受け止められる真季さんを見抜いてのやりとりですね
5. Posted by アマゾネス   2015年09月24日 19:11
5
何だか不思議な世界ですね。
わが社にも同じ世界の人がいますが、
飲みに誘われる店はその手の店ばかりです(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
浅田真季

1989年
WEEKLY漫画アクション
第3回ミスアクショングランプリ

TV・ラジオ・グラビアで活動を経て 1995年7月25日 シングル「戻りたい 戻れない」でeast west japan (現ワーナー・ミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。

Comment