2015年09月26日

真季と愛

しばらく空いてしまってごめんなさい。
妹が三重に帰ったその日から
久々の徹夜続きでした。

今日は妹、愛ちゃんとのことを。

2泊3日で上京してきた愛ちゃん。
無事に東京駅のホームで会うことができました。

初めて私の家に来た愛ちゃんは
お店みたいな家やなぁー。と言ってました。
私にとっては新鮮な感想をもらう。

そして私も初めてのスカイツリーへ行ったの。
スカイツリー情報をもってなかった私は
ここで大きなミスをする。

なんか、チケット制?なのかな。

14時くらいに着いたんだけど、
次、展望台へ行けるのは
21:00って言われて、
『やめとくか』って言って
外から眺めるだけでした。

でもスカイツリーの大きさに
圧倒されて、ふたりで写真撮りまくりでした。

その後は、そらまちで愛ちゃんのショッピング。

ぜーんぶ、あったこと書いてると長くなるので
この辺にしておきます。

だけど...


この感情がなんなのか、数日経っても
はっきりわからないんだけど
寂しいという感情なのかもしれないんだけどね

帰り、品川の駅から新幹線に乗せたんだけど
愛ちゃんの乗った新幹線を見送ったあと

どんどん涙が目にたまって、
トイレで泣いてしまったの。

『なんなのよ、これじゃ
恋人を見送った感じじゃん』...って
つぶやいていました。

なかなか、クールダウンできなくて
結局1時間半、品川の駅の構内にいたの。
その間に、愛ちゃんも名古屋へ着いちゃって。

姉として、私は愛ちゃんに楽しい旅を
させてあげることができたのかな...

たくさん、たくさん
してあげたいことがあったはずだけど、
できたことは、ほんのちょっぴりのような
気がします。

写真は一部だけど
想い出ぇー!

真季と愛


そらまちに、Tedがいたの!

Tedの頭(笑)をちょいと拝借。
自分ら、かぶってみたよ。

ted


最後に、

今日じゃなくても
明日でもよいこともあるし
うちの母もよく言うんだけど(笑)
"ケセラセラ"だって大事だけど

いつだって今日という日は、
もう二度とやってこないの。

同じような日々でも、やっぱり毎日は
新しくて、自分も周りも風も空も香りも
絶えず変化してく。

小さな変化は、気づきにくいかもしれないけど
頑張ったことはやがて、大きな変化に
結びつくと私は思っているの。
きっと新しい世界が広がってると思う。


楽しんでほしいと思います。
そして
毎日に感謝を。






venusvoice at 23:30│Comments(7)

この記事へのコメント

1. Posted by FTO   2015年09月26日 23:38
5 真季さん、愛さんとの素敵で楽しい思い出の報告、ありがとうございますm(_ _)m
デッド、似合いすぎです(≧▽≦)
そしてウケました👍

徹夜続きと言うことなので、なんとしても寝て下さい。
お身体を、大切にね(^_-)-☆
2. Posted by MA-100140   2015年09月27日 09:35
5
真季らしく思いました。妹さんのために、この時間はめいっぱい使って、仕事は仕事で時間を取る。さすがです。
私はついつい、酒がはいっちゃうとすべての機能が停止してしまいますから...お酒に負けてしまう毎日です。だからストレスは無いのかもしれないけど。
3. Posted by SUGI   2015年09月27日 09:36
マキちゃんにとって、愛ちゃんは遠距離恋愛の彼氏みたいなんだ。姉妹っていいよね、男兄弟に比べて・・自分はほぼ独りっ子だしな
4. Posted by ルノーにいさん   2015年09月27日 10:52
リーン、リーン(ダイヤル黒電話音)
『はい、工藤探偵事務所。 お嬢ちゃん今日は、どうしたの? えっ、愛ちゃんと遊んで楽しかった。愛ちゃんて、友達かい? 違うの、妹ちゃんかい。愛ちゃんに会い(愛)たかった。何つって。(しばらくの沈黙) つまらんかったね。 愛といえば、愛の水中花だよね。お嬢ちゃん小さいから分からないか? ♩ それも愛あれも愛たぶん愛、真季と愛。 おじさん、今から出掛けるから、じゃあね、またね。』
5. Posted by 夕やけ日焼け   2015年09月27日 21:21
5 逢ったときには考えてたことがすべて上手くいけばと思うものの、実際に隣にいるとアドリブになっちゃいますもんね
また毎日を続けて、再会の駅の電車に乗りましょう!
6. Posted by 鬼神7010   2015年09月28日 00:23
遅ればせながらコメントしますけど、なかなか日々の生活に追われてしまいますけど1日1日を目一杯胸一杯に過ごして行きたいですよね〜LIFEFORTODAY〜現在、いまを生きる。この気持ち精神で常に日々新たに歩みを進めて行きたいですよね。妹さんを見送った後の真季さんのウルウル感はそれだけ感情が豊かな証だと思いますよ!それとどうですかね?その後に徹夜作業が続いたのはタイトではあったでしょうけど寂しい気持ちを払拭を少しでもするにはある意味一番の選択だったような気がしますよ!
7. Posted by アマゾネス   2015年09月28日 19:24
5
そうですか。トイレで沢山泣いてしまいましたか。
遠く離れてることはそれだけで淋しいですよね。
やっぱり家族は近くにいていつでも会える状況が良いと思うよ。

娘に彼氏ができて結婚のことを意識してるみたいだけど、親元から遠く離れたくないと悩んでる姿が真季ちゃんの涙と重なります。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
浅田真季

1989年
WEEKLY漫画アクション
第3回ミスアクショングランプリ

TV・ラジオ・グラビアで活動を経て 1995年7月25日 シングル「戻りたい 戻れない」でeast west japan (現ワーナー・ミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。

Comment